国府台高校漕艇部OB会規約

第一章 総則

第1条 この会は国府台高校漕艇部OB会と称し、事務局を事務局長宅に置く。

第2条 OB会は国府台高校漕艇部に在籍した者を以って会員とする。又、
    これとは別に名誉会員と準会員を置くことができる。

第3条 OB会は下記の事を目的とする。
    (1)漕艇部の発展に寄与するため、経済的、技術的支援を行う。
    (2)会員相互の親睦を図る。

第二章 役員

第4条 OB会には下記の役員を置く。
    (1)名誉会長 1名
    (2)会長 1名
    (3)副会長 1名
    (4)事務局長 1名
    (5)事務局員 若干名
    (6)会計 1名
    (7)監査 1名

第5条 役員は会員により総会で選出し、その任期は定期総会から2年とし、
     次期担当者不在等の正当な事由のみにより1年単位での再任を許可する
    欠員が生じた場合は幹部会役員により推薦される。

第6条 役員は下記の任務を有する。
    (1)会長は本会の業務を統括し、本会を代表する。
    (2)副会長は会長を補佐し、又、会長の指示の元、会長職を代行する。
    (3)会計は本会の会計報告を定期総会時に提出する。
    (4)名誉会長は本会運営に助言を与える。
    (5)監査は本会会計を監査する。

第三章 機関

第7条 OB会には次に機関を設ける。
    (1)総会
    (2)幹部会

第1節 総会

第8条 総会はOB会の最高機関であり、会長がこれを招集する。但し、
    定期総会は毎年7月第1土曜日に招集し、臨時総会は幹部会が必要と認めた時に招集する。

第9条 総会を招集する場合は、全会員に議案を通知する。

第10条 総会決議は参加者の過半数を以って成立する。

第11条 第1項 下記の事項は総会で決定しなければならない。
    (1)活動方針
    (2)予算の決定
    (3)役員の選出
    (4)規約の制定及び改正
    (5)名誉会員及び準会員の選出
    (6)会員の除名
    第2項 規約に改定・削除・追加が生じた場合、速やかに全OB会員に報告されなければならない。
    第3項 規約に改定・削除・追加が生じた場合、それらは次年度より低要されるものとする。

第2節 幹部会

第12条 幹部会は役員を以って構成する総会に次ぐ機関であり、総会に対し各種議案を提出する。

第13条 下記の事項は幹部会で決定する。
    (1)総会決定の具体化に関する事項
    (2)臨時会費の徴収
    (3)行事の実施
    (4)役員の欠員が生じた時の補充選出

第四章 会計

第14条 OB会の経費は会費・寄付金及び雑費に充てる。但し、寄付金に付いては総会で決定する。

第15条 会費は学生3千円、社会人5千円を定められた口座に振り込むこととする。

第16条 会計年度は4月1日から3月31日までとする。

第17条 会計はすべての財源及び使途、主要な寄付者の氏名、ならびに経理状況を
    総会に報告しなければならない。

第五章 加入脱退

第18条 漕艇部在籍者は卒業と同時に会員となれるものとする。但し、下記の者は除く。
    (1)卒業以前に退部した者
    (2)本人が希望しない時

第19条 名誉会員及び準会員の加入は総会にて決定を行う。

第20条 会員は下記の理由によってOB会を脱退する。
    (1)死亡した時
    (2)本人の希望
    (3)総会の決議

第六章 権利義務

第21条 会員は平等に下記の権利を持つ。
    (1)すべての問題に意見を述べ、決議に参加すること
    (2)役員に選出され、就任すること
    (3)役員の行動に対し報告を求める、又、批判すること

第22条 会員は下記の義務を負う。
    (1)OB会の決定に従うこと
    (2)役員に選ばれた場合、正当な理由なくして就任を拒まないこと
    (3)会費を納めること